会社情報

ごあいさつ

代表取締役 山中 茂樹

当農場は1989年長沼町で設立以来、消費者の食卓に安心で安全な、そして美味しい豚肉を提供するために努力して参りました。2007年には千歳市にも農場を取得し、2018年からは長沼農場は繁殖専用、千歳農場は肥育専用とSPF豚ツーサイト農場として、現在「山中クリーンポーク」をお届けしております。これからもより一層安心・安全な豚肉の生産に努め、さらに地域に根付いた養豚を目指して従業員一同と共に取り組んで参ります。

概要

会社名有限会社 山中畜産
代表者山中 茂樹
住所北海道夕張郡長沼町西2線北1番地
電話・FAXTEL.0123-88-2146 FAX.0123-88-2642
従業員数36名
繁殖用母豚2,400頭
SPF豚山中畜産では、全ての農場でSPFの認定を取得し、「山中クリーンポーク」というブランドとして安心・安全で美味しい豚肉を消費者へお届けしております。

沿革

1989年
(平成元年)
1月先代から引き継ぎ会社設立
1992年
(平成4年)
12月SPF豚新築豚舎建設開始
1992年
(平成4年)
12月旧豚舎閉鎖
1993年
(平成5年)
9月SPF豚肉豚出荷開始
2001年
(平成13年)
9月母豚450頭
2003年
(平成15年)
9月母豚800頭のツーサイト農場へ移行
2007年
(平成19年)
5月繁殖用豚舎の火災により繁殖用母豚全頭消失
2007年
(平成19年)
8月長沼農場再建開始
2007年
(平成19年)
8月千歳農場取得
2007年
(平成19年)
11月千歳農場種豚導入開始
2007年
(平成19年)
12月長沼農場種豚導入開始
2007年
(平成19年)
12月長沼農場母豚800頭、千歳農場母豚300頭
2017年
(平成29年)
9月畜産·酪農収益強化整備等特別対策事業新築工事着工
2017年
(平成29年)
12月千歳農場閉鎖
2018年
(平成30年)
7月畜産·酪農収益強化整備等特別対策事業豚舎完成
2018年
(平成30年)
7月長沼繁殖農場、千歳肥育農場のツーサイト農場として稼働開始
2019年
(令和元年)
12月繁殖用母豚2,400頭

ページの上へ