人へのこだわり

働き方

現在山中畜産全体でベトナム人技能実習生を含めて36名が働いていますが全員が農場内で働いているわけではありません。社長をはじめ事務所で働いている人、農場以外で働いている人もいます。農場内で働く人は長沼農場と千歳農場に分かれて働きますが、技能実習生は仕事の内容によって両方の農場で働いています。また長沼農場から千歳農場に応援に行くこともあります。管理獣医師は時間にとらわれず必要に応じて両方の農場内に入ります。農場内では豚舎の中で豚の管理をする人、豚舎の外で糞尿の処理や設備の点検維持等に当たる人に分かれて仕事をします。

仕事は朝7時半に始まり夕方5時に終わりますが、昼休み1時間、午前午後それぞれ15分の休憩時間をとり実働8時間です。残業は原則無しです。夕方5時から翌朝7時半までは豚舎内は無人で分娩等の介護も行ないません。

豚は生き物ですから1日として仕事をしないで良い日はありません。いわゆる盆も正月もない仕事です。しかし有給休暇はしっかり取るよう指導していますし、皆で休みを調整しながら出来るだけ希望の日に休めるよう努めています。

コミュニケーション

朝仕事に出る前に事務所で一日の仕事内容の打ち合わせを行い、その後各自が持ち場に向かいます。休憩時間は管理事務所で休む事が出来ます。ここで自由に色々とお喋りができます。仕事中に用事が出来たときはLINEでやりとりして情報を交換します。昼休みは管理事務所で昼ご飯を食べ、昼寝をしたりお喋りしたりして自由に過ごせます。

教育

仕事をする上で必要な知識は都度先輩から教わりますが、衛生管理や病気等についての総合的な勉強会が春と秋に社長をはじめ全員が集まって行なわれます。獣医師や外部から招いた講師がタイムリーな話題を提供します。その後で懇親会を開催し皆で懇親を深めています。

年に二度、春と秋に開催される全従業員対象(技能実習生も含む)の勉強会
月に一度のミーティング(千歳農場)

その他に月に1度(長沼農場は第2月曜日・千歳農場は第4月曜日)退社後に全員が集まって、夕食を食べながら農場の問題点や改善方法、日頃思っていること等をざっくばらんに話し会います。車を運転しない人はお酒も飲めるので結構いろんな話が聞けます。その他の月曜日は幹部の人と獣医師が集まって同様な話し合いの機会を持っています。幹部の人は長沼・千歳の集まりにも参加し、社長も都合がつけば参加するようにしています。もちろん経費は会社持ちです。

直接の従業員ではありませんが家畜と飼料の運搬を委託している会社の運転手全員を集めて少なくとも年1回は衛生管理についての勉強会を行なっています。講師は獣医師がつとめ、幹部の人と社長も参加して情報交換も行なっています。

外国人技能実習生

山中畜産ではベトナムから技能実習生を毎年3名受入れています。派遣会社を経由して受入れており、今年で3年目となります。技能実習生には千歳市の住宅を格安で提供しており、毎月派遣会社の担当者が住宅まで様子を見に来ます。日本語での会話でなかなかコミュニケーションがとりづらいのと3年間という期限があるので、余り難しい仕事を教えるところまでは行きませんが、先輩実習生が後輩を指導しながら少しずつ仕事を覚えてもらっています。待遇は日本人と同じで朝晩の送り迎えは日本人従業員がしています。日頃から日本人との会話を促していますが、年2回の勉強会や忘年会・獣魂祭には技能実習生にも参加してもらい、日本人との交流を深めてもらうよう努めています。

分娩舎を洗浄する技能実習生
鉄剤を注射する技能実習生、その他、体重測定、去勢なども行なっています

ページの上へ